Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ジョコビッチのプレースタイル

ナダルに続いてジョコビッチのプレースタイルについて説明しましょう。それを良く表しているのがナダルジョコビッチの壮絶なラリー。

https://www.youtube.com/watch?v=_O3jRx1VOKg

勝者はジョコビッチでした。このラリーを制したジョコビッチ最大の特徴は「安定感」にあります。そしてプレースタイルは、安定性を活かしたベースラインプレイ。4強と言われる選手の中でもジョコビッチはネット前に出る率は低いです。ただし、ディフェンシブというわけではなく、隙あれば展開を自分で変えていく選手です。

この試合、ナダルがネットミスする前、ジョコビッチは攻められていました。その引き金となったのが、ナダルのスライス。

ナダルのスライスを慎重に返そうとするあまり、ボールは浮き気味でサービスラインでバウンドします。それを逃さず強めのショットでクロスへ。こういった展開が2回はあったと思います。打ち合いの中でコースを変えられると返球するのも一苦労です。しかし、抜群の安定性で難なくショットを返していくのです。

そのショットの安定性ゆえにジョコビッチは「精密機械」のようだ、と評されます。テニスで困難なのは良いショットを同じように打つこと。それも毎回違う角度やスピード、強さの球を、同じように打ち返すのはすごく大変なんです。テニスを実際にやられている方はすぐに理解できると思います。

さて、ジョコビッチのショットの安定性を支えているのは強靭な「体幹」であると言われています。つまり、体がぶれないことで打ち方に安定感が増しています。現在、世界ランキング1位のジョコビッチ。このまま安定感を活かしてランキングを維持するでしょう。