Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

フォアハンドストロークの基本

現代テニスはストロークが基本

プロ選手でもフォハンドストロークを打つ割合は7割ということで、フォアハンドストロークの重要性は、テニスのショットの中でも群を抜いています。

そんなフォアハンドストロークの基本をここで勉強してみましょう。

 

1.相手がボールを打った瞬間、スプリットステップ

1.相手がボールを打った瞬間、スプリットステップ(両足を軽くジャンプ)します。

 

2.ボールが飛んできた位置まで移動する。

相手が丁寧に打ちやすい位置へボールを打ってくることはまずありません。

きわどい位置を狙ってくることもありますし、もしかしたら相手のミスショットでも、浅いボールがくるかもしれません。

そのため、飛んできたボールに対して自分が打ちやすい距離まで移動します。移動方法は基本的にはサイドステップ(かに歩き)なのですが、浅いボールが飛んできた場合は普通に走って追いつきましょう。

 

 

3.右利きがフォアハンドの人なら、右の軸足の位置を決めます。

軸足はとても重要です。

右利きの人はフォアハンドを打つ場合、右足が軸足となります。

ストレートにボールを打つか、クロス方向に打つかによって、体の開き具合が重要となります。

軸足が左足よりも外にある場合は、クロス方向に打ちやすい(オープンスタンス気味)ですし、体が閉じていて軸足が左足よりも中に入っている場合は、体が閉じていてストレートにボールが打ちやすいです。

 

 

4.移動しながらラケットをテイクバック(後ろに引く)させます。

テイクバックとは、ラケットを後ろ側に引く動作です。このとき、体はボールに対して正面から90度回転すると思います。

 

5.腰を落とし、膝を曲げて右から左へとしっかりと体重移動をします。

右足から左足をスムーズに体重移動させて力を伝達させます。足が棒立ちですと、腕だけのパワーになってしまいます。これではボールは飛びません。

 

6.ボールを良く見ます。(プレーに支障ある人はやらなくても良い)

ボールをよく見ることを意識しすぎて、逆に当たらなかったり、ボールを見ることに神経を使います。

ボールをよく見るというよりは、テイクバックしたときの左手でボールとの距離感をつかんで、後は自然になれていくことが重要かと思います。

 

7.ラケットを振り抜きます。

ここまでくれば、ラケットを振るという動作はおまけみたいなもので、ボールとラケットが当たるインパクトの瞬間はグリップをぎゅっ!と握ってラケット面がぶれないようにします。

そして、ラケットを振りぬきます。

 

 

まとめ

以上、フォアハンドスロークのステップから振り抜くまでの基本動作でした。

あと、オープンスタンスかクローズスタンスかが議論にあがってくるのですが、初心者のうちはクローズスタンスをお勧めします。

なぜかというと、オープンスタンスは少々、体のひねりを使わないと打てないショットで、初心者の体が出来ていないうちに無理くりなショットをうとうと思うと体を壊す可能性があるからです。

ですから、まずはクローズスタンスを基本にしていきましょう。

慣れてきたら、というか状況に応じてオープンスタンスを使うことも多々あります。そのときに、使い分けできるようになればいいと思います。