Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

錦織圭対ナダル 2014全豪オープン

錦織圭

全米オープンで準優勝した錦織選手。時間を巻き戻して、彼の調子が上がり始めた最初のグランドスラムを見てみましょう。(実は、全豪オープンの記事を書き忘れていました(-_-;))

https://www.youtube.com/watch?v=51ftUhq1_i0

4回戦の相手は、当時ランキング1位のナダル。ご存じの方も多いと思いますが、錦織選手はナダル相手に非常に善戦をしましたが、結果をみると3-0で1セットもとれず敗退しました。

実際に試合を見ていた方なら、分かると思いますが本当にいい試合だったんです。1セットの中身が非常に凝縮されていて、タイブレークも何度かあり、ついにトップ選手と普通に渡り合えるようになったなあという印象を受けました。

そんないい試合をした錦織選手はクレバーで、「勝たなきゃ意味がないので・・・」という試合後のコメントが印象的でした。

試合展開は互角ですが、やや錦織選手にイージーミスや、自滅ミスがあったかなあと思います。また、決め球「エアケイ」(ジャックナイフと呼ぶ方が一般的だけどマスコミがカッコイイ名前をつけた。)も、ナダルに捕られてしまったことで心おられました。(見てるこっちが。)

多分、錦織もエアケイを打ったとき決まった!と思ったと思います。だからこそ、初動が遅れてミスったのかなあと。

あと、お互いのサービスゲームを比較してみるとナダルは圧倒的にエースが多かったです。サーブスピードはそこまで速くなくても、センターに着地して逃げるスライスサーブは非常に有効でした。また、セカンドサーブでも、レフティの特性と言いますか、右利き構え選手のボディに食い込んでくるボールは非常にとりづらそうです。(速さはそこそこでも、ボディにサーブが入るとバックかフォアか判断に迷ってミスします)

タイブレークでは、そういった細かなポイントから差がつき始めていました。さらに、ナダルのコートカバーリング力が光っています。錦織の得意とするところでもあるんですが、ナダルが1枚上手でしたね。そこは、地力の差というか、パワー、フットワーク、ショットの精度、メンタル、全てが少しだけナダルが上回っていたのかなあ。

その結果、7-6、7-5、7-6と全てが接戦ではありましたが、可能性を感じさせる試合でした。最後、ナダルの嬉しそうなガッツポーズがストレスのある試合であったことを物語っています。

この数カ月後、まさか全米オープンで準優勝するとは思いませんでした。。。