Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

試合のルール

初心者の皆さんもある程度、ボールを打てるようになったら試合(ゲーム)がやりたいと思うはず。

でも、ゲームのルールがわからず始めることはできません!まずはゲームのルールを理解しましょう。

 

 

・ポイントの制度

テニスのゲーム制度は慣れるまでなかなか複雑です。

テニスの試合は、6ゲーム先取で1セットとなり、5セットマッチで3セット先取で勝ちとなります。

さらに、1ゲームを取るためには4ポイント先取する必要があります。1ポイント2ポイントという数え方はしません。0(ラブ)、15(フィフティーン)、30(サーティー)、40(フォーティー)というポイント制度になります。

また、40対40の状態を『デュース』と呼びます。デュースになると、そこから2ポイントとって勝ちです。

 

試合によってはデュース制度が無い場合もあります。その場合は、40対40から1ポイント先取でゲーム終了です。

0-0(ラブオール)→15-0(フィフティーンラブ)→15-15(フィフティーンオール)

→30-15(サーティーフィフティーン)→40-15(フォーティーフィフティーン)

→ポイントを取ればゲーム終了。このとき、1-0(ワンゲームラブ)

 

 

・デュースとは

40対40の状態を『デュース』と呼びます。デュースになると、そこから2ポイントとって勝ちとなります。

デュース状態から1ポイントとると、アドバンテージサーバ(もしくはレシーバー)となります。

アドバンテージ状態で不利な側がポイントを取り返したら、またデュースに戻ります。

 

40-30(フォーティンサーティン)→デュース→Ad(サーバー)側→サーバー側がポイントをとればゲーム終了。レシーバー側がポイントを取り返したら、またデュースとなります。

 

 

タイブレークとは

1セットを決めるためには6ゲームを先取する必要がありました。5-5(ファイブオール)になったとき、先に2ゲームを先取したほうが勝ちとなります。

つまり7-5でゲーム終了です。ですが、1セットを先取するための『ゲーム』がちょうど6-6(シックスオール)になったとき、タイブレークが発生します。

タイブレーク後は先に7ポイントをとったほうが勝ちとなります。タイブレーク制度でもポイントが拮抗した場合、2ポイント差をつけたほうが勝ちとなります。

ですから、2ポイント差ががつかない場合、ポイント数は永遠と増え続けます

 

名勝負と呼ばれる試合の中にはタイブレークで14ポイントまで続いたこともあります。

 

 

・サーブの権利

テニスの試合をする前に、どちらが先にサーブを行うか決めます。

サーブ権を決める場合は、主にラケットを回して、ラケットが裏か表か決めます。方法としては、まず相手にラフ(ダウン)かスムース(アップ)か聞きます。

それを確認した後にラケット回しを行って、相手が言った通りならば、相手がサーブかレシーブかを決めることができます。

もし、相手が言ったラフかスムースかが外れているならば、こちらがサーブ権を決めることができるのです。

 

コート権の選択もできる

ちなみに、コート権はサーブ権を得られなかった人が決めることができます。風が吹いている日や太陽でまぶしい場合など、コートの位置というのは結構重要なのです。

が、お互いのゲーム数を足して奇数になったとき(0-1、1-2等)にコートを交代しますので、個人的にはサーブ権よりも重要ではないと思っています。

 

 

・ポイントの得点方法または失点となる場合

テニスは、アウト若しくは相手陣のコートにボールが届かない、2バウンドでポイントになります。ちなみに、ライン上にボールがのればインとなります。

また、最近の国際試合はチャレンジ権と呼ばれるビデオ判定が採用されています。審判の判定に対して不満がある場合、ビデオ判定で再審査できます。

ビデオ判定は主審の判定よりも優先されるため、チャレンジにより審判の判定が覆ることがあります。

 

また、草試合などでは、チェックされないですが、サーブを打つときに、ベースラインを足が超えたらフットフォルトとなり、サーブ失敗です。

ネットプレーではラケットがネットに当たったとき、それはミスとなり相手のポイントとなります。

さらに相手の打ったボールが体に当たった場合、自分のミスとなります。実はまだまだ、ネットポストに当たった場合、アクセサリーにボールが当たった場合など、特殊な状況のルールもあります。

まずは友達と大まかなゲームのルールを確認し、そのつど特殊な状況について覚えていけばいいでしょう。