Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

初心者が学ぶ、硬式テニスで重要な3つの動き

初めまして。当サイトの管理人「tyazuke」です。第1回目の記事は、硬式テニスの重要な動きを説明します。

硬式テニスで基本的な動きは次の3つ。

  1. 見る
  2. 打つ
  3. ステップ

 

1.『見る』

最も重要なことは『見る』こと。ショットの強弱、回転量、回転の種類を判断します。

硬式テニスは一瞬の判断が不可欠。そして判断に必要な情報は、視覚的情報しかありません。

フェデラーやジョコビッチはボールを「見る」天才です。インパクトの瞬間までジッとボールを凝視します。これは、ボールをラケットの真ん中に当てるためです。

この人がフェデラー。★ハロウィンのコスプレ・仮装グッズとしてもオススメ!【 1 0 % O F F 】ロジャー・フェデラー...

 

この人がジョコビッチ。

ジョコビッチの写真を見れば、ボールを凝視しているのが分かりますね。

 

2.『打つ』

『打つ』と言ってもサーブ、ボレー、ストロークという3つのショットがあります。さらに、それぞれ細かいテクニックがあります。

テニスは単に力が強い人が勝つとは限りません。ショットは力強さ、コントロール、時には力弱く打つことが勝利の鍵です。

 

 

3.『ステップ』

テニスコートの広さを知っていますか?横方向8.2m、縦方向は12mです。これは、5、6歩を歩いて進める距離です。

つまり「足の速さは必要ないです。

では、早いボールに追いついたり、素早く移動するためには何が必要か?これが「ステップ」です。

その代表的なステップが「スプリットステップ」です。テニスでベタ足は禁物。なぜなら、それが1テンポ、スピードを遅らせます。【送料無料】スプリットステップsplit enz_one step ahead_used 45 vinyl_7_ships fm aus_2

スプリットステップは、つま先立ちの状態から軽くジャンプします。相手のショット前にすることで、左右前後に素早く移動できます。