Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ストローク

片手バックハンドは左手が肝ですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=9HuhIXD_seU 片手バックハンドが上手くいかない人にアドバイス。多くの人が、基本的なポイントができてません。 これが左手です。あなたのバックハンド、左手がブラブラになってませんか?これだと、抑えが効かない→安定し…

深いストロークが打てない人はどうすればいい?

今回はヤフー知恵袋にでていた質問について書いてみたいと思います。それが下の質問↓ 硬式テニスでストロークしてる時、玉がいつもサービスライン前後に落ちてしまいます。 もっと深い玉が打ちたいのですが、どうも上手くいきません。 どうしていけばいいで…

ストロークを強くする方法を考えよう。

限界を超えて強くなりたい・・・! パワーのあるストロークを打ちたいですか?プロのようなストロークを打つためには、まず筋力が足りてないので体作りから必要ですが、アマチュアでも、ある程度強いストロークを打つことはできます。 まずストロークのパワ…

片手バックハンドの戦術

基本戦術 以前、「片手バックハンドの時代は本当に終わったのか?」で現代テニスのスタイルから、片手バックは自然に減っているという話しをしました。また、そんな希少種である片手プレイヤーが、どのように両手バックに対抗していくのか?という道筋を示し…

片手バックハンドの時代は本当に終わったのか?

片手バックハンドの歴史 まず片手バックハンドの歴史を説明します。 サーブ&ボレーが主流の時代、ほとんどの人がフォアハンドは薄いグリップで、バックハンドはボレーに移行しやすい、片手バックハンドでした。 これは強力なサーブで相手のリターンミスを誘…

片手バックハンドのグリップチェンジ

グリップチェンジによる問題点 高校からテニスを始めて片手バックハンド一本でやってきますが、両手打ちに比べて幅広いプレースタイルが行える一方で、「扱いにくさ」という一面が目立ちます。 その中でも、私が一番苦労したのがフォア→バック又はバック→フ…

フォアハンドストロークの基本

現代テニスはストロークが基本 プロ選手でもフォハンドストロークを打つ割合は7割ということで、フォアハンドストロークの重要性は、テニスのショットの中でも群を抜いています。 そんなフォアハンドストロークの基本をここで勉強してみましょう。 1.相手…

バックハンドは両手?それとも片手?

どちらを選ぶべきか? 初心者の方が、ある程度フォアストロークになれた頃、『バックハンド』をどうしよう?ということを悩みます。 テニスプレイヤーのほとんどがバックハンドが嫌いです。それは、トッププロの選手も同じ。プロ選手でさえ試合の中で7割は…

硬式テニスで脇を締める理由と、締めなくても良い理由

ヤフーの知恵袋にこのような質問が(一部省略)。 「テニスのフォアハンドの打ち方についてです。腕は伸ばして打てるものでしょうか?一昔前と打ち方が違いますね。フェデラーなどのフォアのスローモーションをみると腕を伸ばして打っています。」 面白い質…

硬式テニスに腕力が必要な2つの理由。

概要 硬式テニスに腕力は必要でしょうか?プロ選手はヒョロっとしている人も多くて、「筋力なんか必要ない」と思っている人もいませんか? でも、これは間違い。マレーはプロの中でも細い選手です。が、腕の筋肉は異常に発達しています。アンディ・マレーの“…

ストローク、ボレー、サーブの違い

今回は、ストローク、ボレー、サーブついて説明します。 1.ストローク トップスピン ストロークの種類は3つあります。トップスピン、スライス、フラットです。 トップスピンの回転は順回転と言います。ボールが前に進もうとする回転です。ストロークの基本…